Archive for 4 月, 2012

巣 —Nest—

・サイズ(高さ×横(×幅))100×100×100 cm

技術提携 井村誠孝 准教授(大阪大学大学院基礎工学研究科 コンピュータ科学)

e59088e3828fe3819b1

乾燥した街の一角に

優しく温かそうな巣が、一つ。

その内に広がるのは、暗く深い空と霧。

その中で、けなげに明るさを求めて羽ばたく青い小鳥。

小さな羽根を羽ばたかせ、空を飛び、

強風にあおられ、消えて行きながらも懸命に羽ばたく小鳥。

見かねて手を差し伸べる人の指は、暫しの止まり木。

羽根を休め、その指をついばみ、可愛くさえずる。

それでも、

手を離されると、何もなかったように再び羽ばたきを始める小鳥。

青い小鳥はいつまで羽ばたき、どこへ向かっているのでしょう。

そして、

巣の世界を知らない人たちは、この小鳥にどんな可愛らしさを、

思うのでしょう。

There is a nest. It looks gentle and warm. A blue little bird flaps its wings and fly in it. The image of the little bird is a hand-drawn animation by pastel, which is projected on flickering fog screen.When an audience put his/her hand in the nest, the little bird stops at the hand and sometimes twitter lovelily. When he/she turns down his/her hand, the bird flies over. This animation controlled by a computing and sensing technology is a key of this interactive art work named “Nest.”

Constituted LED lighting (IR LED light), It consists of objects of a camera with Camera with IR-pass filter, a small pocket projector, a Humidifier, PC, the fan

 技術提携 井村誠孝 准教授(大阪大学大学院基礎工学研究科 コンピュータ科学)