「サイエンス × アート 展 ~魔法って、カガク!?~」@静岡科学館で開催(3/18-5/7)

<出展作家>

田中敬一/山内哲也/松村泰三/金箱淳一/首藤圭介/金澤麻由子

「まるで魔法をみているかのような」体験や展示物がる・く・るにやってくる! e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-03-24-120209
21世紀に入り、科学技術はコンピュータの性能を劇的に進化させ、アートの世界でもこの技術を活用した作品が続々と誕生しています。
サイエンスとアートが一緒になったら…。
それはまるで魔法を見ているかのような…!?
「サイエンス × アート」の世界を色々な展示物(作品)や多様な体験を通して紹介します。

日 時 3月18日(土)~5月7日(日)
場 所 9階 企画展示室ほか
対 象 どなたでも
参加費 無料(別途入館料がかかります)

プレスリリース* https://www.rukuru.jp/pageobj/showPDF.php?id=1640

チラシ* https://www.rukuru.jp/pageobj/showPDF.php?id=1680

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-03-24-120224

「モンパ君・モンピーちゃんの光のマジカルパーク」開催!(3/4-7/2)

『Polyphonic Jump』を出展中

CMはこちら → https://www.youtube.com/watch?v=2GxMjbFh0SY
e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-03-24-115511
3


モンキーがイタズラしてくるインタラクティブ作品^^vぴったり♪
まもなく設営ですが、猿に会えるかな〜!楽しみです☆

インタラクティブ作品を出展します!モンパ君とモンピーちゃんが不思議な光の世界にみんなをご招待!手や道具を使って虹をつくったり、自分の影と遊んだり、たくさんのフシギな光が次々に現れる!
ワクワクが止まらない光のマジックを体験しよう☆

期間/2017年3月4日(土)~同年7月2日(日)
会場/催事館
料金/お一人様200円(2才から)
※別途入園料必要
※「こどもスタジオ NHKキッズキャラクター大集合!」は別途有料(0才からお一人様400円)
※休園日にご注意ください(6月毎週水曜日)

http://www.japan-monkeypark.jp/event/detail.asp?nid=2126&dmy=826450

読者さまの感想メッセージ・コーナーはじめました^^*

e794b0e5b79de584aae5ad90e38195e381be2(兵庫県 Y・Tさま)天王寺MIO店での原画展で、手に取っていただき、お手紙までいただきました☆ご自身のご家族とのエピソードと照らし合わし、絵本とご自身との「道」をつなげて世界観を感じていただけてとても嬉しいです。

e7a68fe5b2a1e5b882_e98592e4ba95e681b5e7be8ee5ad90

(福岡市 E・Sさま)
絵本『てんからのおくりもの』サイン入りでお送りさせていただきました。メッセージハガキありがとうございます!とても励みになります^^*

efbc88e5a4a7e6b4a5e5b882e5aeaee5b48ee9babbe4bba3e38195e381beefbc891(大津市 M・Mさま)
絵本『ポワン』『てんからのおくりもの』サイン入りでお送りさせていただきました。心の癒しにすこしでもお役に立てるような作品を作っていきたいのでとても嬉しかったです。ありがとうございます^^*

年賀状展2017のご案内

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-12-31-1639501あけましておめでとうございます☆本年もよろしくお願いします。

〜年賀状展2017〜

2017年1月5日(木)〜1月29日(日)射水市大島絵本館カフェギャラリーにて展示

今年は、線画で仕上げた「酉ぱぐ」です^^*

絵本「てんからのおくりもの」出版しました☆サイン絵本承ります^^*

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-200626e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-200653

【あらすじ】さまよう子鹿と年老いたてんの心温まる絵本。おかあさんとはぐれた子鹿が、一匹のてんと出会い、冬じたくを共にします。春になり、てんからおくられた子鹿へのおくりものとは……?

【リニューアル復刻版】「おおしま国際手づくり絵本コンクール2011」(射水市大島絵本館)最優秀賞•文部科学大臣賞を受賞し、2012年に出版し、現在絶版となっていた作品を、このたび大幅に加筆修正したリニューアル復刻版絵本です。お子様から大人にも深く味わっていただきたいです^^*

動画でも紹介しています☆ https://www.youtube.com/watch?v=G46ACaWmSfE

絵本購入ご希望のお客さまへ

イラスト入り直筆サインや、プレゼント用としての名入れもいたします。(オリジナルエコバック付き♪)

下のアドレスにアクセスし、「お問い合わせ(ページトップCONTACT)」より予約の旨お知らせください。

http://www.mayuart.com/contents/category/contact/

本体価格 1,600円(税別)

ISBN:978-4-309-92093-1 ● Cコード:8771

絵•文 金澤麻由子(かなざわまゆこ)

判型 A4判横 • 56ページ

発行 出版ワークス 発売 河出書房新社

「きみのいる家」(ホログラムアート・ディスプレイ作品)

きみのいる家 〜絵本『てんからのおくりもの』より〜

The home where you’re here -Picture book “Presents from heaven”-

2016 ホログラムアート・ディスプレイ w600×d600×h700mm

Interactive ART/Painting , Animation, Speaker, Display,

Direction/Painting&Sounds Mayuko kanazawa

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-1924084

[作品コンセプト]
本作「きみのいる家」は、2016年7月に出版した絵本『てんからのおくりもの』の主人公の「てん」があたかも空中で巣から飛び出し、鑑賞者の前に駆け寄って花を贈るかのようなアートディスプレイであり、絵本の世界観を映像インスタレーション作品として制作したものである。
ホログラムディスプレイ(空中立体映像)を使用することで、空中に浮遊し、観客に近づいては、はかなく消えゆく「てん」の映像アニメーションは、絵本『てんからのおくりもの』のストーリーでありコンセプトである「無常観:もののあはれ」を表現している。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-1924474

“The home that you’re in” is in art display. “Give a flower free love” picture book that was published in July 2016. It’s main message is “a gift from heaven”. In this art display, main hero “Heaven” is floating and jumping inside it’s nest, looming in front of the display or giving flowers as gifts. The picture book was adapted as a video installation. The animation of the hero “Heaven”, is projected on hologram display. “Heaven” is floating in the air, getting closer to the viewer or fading out into the air. It expresses “A gift from heaven” concept - “impermanence: mono no aware”. It was exhibited with commentary and design explanation in Ginza Steps Gallery in August 2016 as part of “Picture book time” exhibition. This work has also been used as a promotional window in book stores.

神戸芸術工科大学 学術リポジトリに掲載されました☆↓

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=187&item_no=1&page_id=13&block_id=30

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-1925043

「きみのいる家」(ホログラムディスプレイ作品)を学会にて発表します☆

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-1924082

環境芸術学会第17回大会  「モノヒトメディア ~環境芸術を語ろう~ 」

@女子美術大学相模原キャンパス

2016年11月12日(土)~13日(日)

http://www.iead.org/2016ac/17plan.html

本作「きみのいる家」は、2016年7月に出版した絵本『てんからのおくりもの』の主人公の「てん」があたかも空中で巣から飛び出し、鑑賞者の前に駆け寄って花を贈るかのようなアートディスプレイであり、絵本の世界観を映像インスタレーション作品として制作したものである。
ホログラムディスプレイ(空中立体映像)を使用することで、空中に浮遊し、観客に近づいては、はかなく消えゆく「てん」の映像アニメーションは、絵本『てんからのおくりもの』のストーリーでありコンセプトである「無常観:もののあはれ」を表現している。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-1924472e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-10-29-1925041

絵本『てんからのおくりもの』原画展@旭屋書店天王寺MIO店 開催中

ポスター 期間など coming soon… (急きょ決まりましたので^^;)

デビュー作「ぼくぱぐ」のときも旭屋さんにはおせわになっておりました^^*
本の動画投稿コミュニティサイト「本TUBE」

評論家 宮田徹也さんによる個展の批評文

14064013_925628054215737_2805282873126906293_n評論家の宮田徹也さんが個展(2016.8.1~6@ステップスギャラリー銀座)の批評を書いてくださいました。
タイトルはズバリ『万人に対する配慮を行うこと。』です。で、できてるのか^^;
現代美術に対する私の姿勢を見てくださったようで驚き&嬉しい気持ちです。

ありがとうございました。
***
金澤麻由子、ステップス2 年ぶり2 度目の個展である。前回同様、絵本『ポワン』と『てんからのおくりもの』の原画を中心とし、小品を出品した展覧会である。総数、33点である。映像作品《きみのいる家》(2016)も登場した。
よくよく考えれば、絵本の原画とはこれほどまでに大きいのであろうか。まるで現代の絵巻のような印象を受ける。一枚一枚、丁寧に描いていることが伺える。私は立ち会うことができなかったが、金澤は画廊にいて立ち会う者がいる限り、原画を前に絵本の朗読を続けたという。この真剣な姿勢こそが、金澤の魅力なのであろう。
森のようなオブジェにモニターが仕込まれている《きみのいる家》は、抽象性に帯びている点において、アニメーションと区別され映像作品に特化する。ギャラリー入り口の芳名帖前にもモニターが用意され、映
像が投影されていた。「絵が動く」アニメーションというよりも、意識が忽然と流れ続けていた印象が残る。小品は様々な技法で描かれているので、パグを主題定めて
いても、様々な変化が生じている。矩形、円形と支持体に工夫が成され、額装されているので、家庭に置き易くなっている。こういった配慮も時には必要となる。
グッズもトートバッグ、クリアファイル、ポストカード、ノート、お菓子などに展開していて、手に入りやすくなっている。当然、絵本を手に取ることもできた。
この展覧会で思うことは、金澤が自ら学んだ現代美術のあらゆる手法を駆使して、自らのイメージを具現化し、多様に拡大することに主眼が置かれていることである。
美術に興味がなくとも金澤の作品を愛する者は、自分の興味があることが実は美術なのだということを自覚する場なのかも知れない。美術、特に現代美術とは専門性に陥りがちであり、本来の性質である万人に向けられていることに対して配慮が欠落する場合があることも、私は気付かされたのであった。

絵本『てんからのおくりもの』原画展@ジュンク堂三宮 開催中(終了しました)

14183671_934590736652802_8591124745088680442_n3

絵本『てんからのおくりもの』原画展@ジュンク堂三宮 ♪
一部原画やグッズなども販売用としてフェア展開しています。
サイン絵本も販売しています。ぜひ、お立ち寄りください^^*

2016年9月5日〜10月3日まで